静岡県の夜勤専従看護師日記

年間休日が135日の病院って休み多いですよね?求人票を信じて入職したのに、年間135日なんて休みはありません!年休もさっぱり取れないし!求人票は当てにならない!!

IMG_6050.jpg
看護師の求人って、本当に沢山ありますよね。

だいたい自分の条件に合った職場や、魅力的な好条件の職場は数カ所見つけることができますよね。

その中から、さらに条件の良い、自分に向いている職場を絞りながら転職先を決めます。

私も転職を考えハローワークで終活をした時に、求人票の中から条件の良い職場を探し今の職場に転職しました(´・Д・)」

今の職場は、自宅からも近い上に、年間の休日数がとても多かったんです。

年間の休日数が135日ってかなり多いですよね。

給与はそこそこかなぁ...って思いましたが、子育てをしながら働くには、給与よりも年間休日数が多い職場の方が働きやすいと思うんです。

子育て中は、何かと休みが必要です。

保育園の行事も毎月のようにありますし、子供は病気にかかりやすいですから、休みも必要になりますよね。

しかし、実際に働いてみてガッカリ...(;´Д`A
求人票では年間の休日数が135日と書いてあったのに、実際は月に9日間程度です。

その上、年休だってほとんど取れないんですよ。

シフト希望だって、あまり希望を出すと文句を言われるし...。

連休もなかなか取らせてもらえないし...。

残業ばかりだし...。

スタッフは少ないし、職場内はいつもピリピリしています。

騙された!

ああ、求人票を信じて入職したのに、こんなはずじゃなかった!>_<

失敗したと気づいても、すぐに転職することもできません。

後から聞いた話ですが、やはり求人票だけの転職は失敗しやすいって言われました。

ハローワークでは求人票だけの情報しか知ることが出来ないですよね。

それ以上の情報ってなかなか知り得ることができません。

職場の雰囲気や、実際に働いているスタッフが充実して働けているかどうかなどもっと詳しく知ることが出来ていれば、こんな失敗はなかったのに...。

次は、友人に勧められた看護師求人サイトを使って転職を考えています。

看護師求人サイトでは、求人票よりも詳しい情報を知ることが出来るし、失敗が少ないよって教えてもらいました。

もっと早く教えて欲しかったな...σ^_^;

2015年1月20日|

介護士の地位向上や給料向上が必要と言われていますが、重労働なのに低賃金と言う現状は変わっていませんね・・・。

pixta_7823344_S.jpg
私は老健でナースをしています。

働きやすさでは文句なしの職場ですねd(^_^o)

ママさんナースが多いのが、働きやすさの証拠です。

介護施設だから、病院のような激務はないし、利用者さんとの関わりに心癒されることもあり、今の仕事は楽しいって思えるんですよね。

しかし、待遇としてはやはり病院とは雲泥の差...>_<

病院は、最近看護師の確保のため、非常に福利厚生に力をいれていますし、給与面でも申し分ない収入が得られる職場が沢山でてきましたね。

しかし、老健はやはり介護が主体の施設ですから、看護師といえどもあまり待遇はいいとは言えません。

組織としての給与体制、福利厚生で見れば、とても底辺にあると感じています(。-_-。)

そして介護施設だから、看護師よりも介護士の方が待遇が良いかといえば、そうではないのです。

正直、介護士の待遇がここまで酷いものだとは介護施設で働くまで知りませんでしたね。

介護士の仕事って、看護師よりもハードだなぁって思います(;´Д`A

老健って、介護を必要とする高齢者ばかりだから、ほとんどなんらかの援助が必要な方ですし、寝たきりの方も多くいます。

しかも認知症の方がほとんどで、かなり進行していて介護への抵抗がある人も多くいます。

噛みつかれた、つねられた、殴られた、蹴られた...と負傷している介護士も結構いますね。

オムツ交換だって、ものすごい人数ですよ(・_・;

オムツ交換をしながら、コール対応をして、汗だくになって働いています。

利用者さんが小さな剥離を作っても、トラブルとして扱われ、その都度カンファレンスに、トラブル報告書だから、それもまた大変そうです。

毎月のお便りだの、排泄チェック表だの、カルテ記入だのと業務が終わってからの書き物も多いから、ほぼ毎日残業です。

そんなに大変な仕事なのに、給与の少ないことといったら...。

これじゃあ、あんまりでしょ(−_−;)

重労働にこの低賃金。

ますます高齢化社会が進んでいくと言われるこの時代に、それを支えていく介護士がこんなに待遇が悪くていいのでしょうか?

わけのわからぬ問題ばかり起こして税金から給与をもらっている議員など減給して、もっとこの日本の社会を支えている介護士の待遇を改善して欲しいものです( ̄Д ̄)ノ

2014年12月15日|

外科病棟の夜勤専従看護師

20110602224843-59S.jpg
手術が多い病棟での勤務で、常にハード。でも、患者さん達が医療によって救われていくことを目にすることはやりがいがあります。

もちろん、残念なこともあるのですが、患者さんのために今ある医療の最善を尽くすことは日々勉強です。

夜勤は、夜勤専従で働いている看護師さんもいます。

正直、手術が多いために、夜間帯も忙しいので、体力的にかなりきついのでは、と思うのですが、夜勤専従のメリットを感じているようで、このほうが自分に合っている、とおっしゃっていました。

外科の手術は、時に8~10時間に及ぶこともあります。

ある患者さんの手術は、予定では8時間、ただ、開腹してみなければ手術が出来るかどうか分からないので、長ければ長いほど良い手術だと思ってください、とドクターからご家族への話でした。

ご高齢のお母さま、奥様、成人されたお子さんたちが手術を見守られましたが、8時間、待合室でただ待っているというのは、大変なんじゃないか、と私自身思ったのですが、ご家族は祈る思いで待つので、時間はあまり感じなかったそうです。

2時間が過ぎた頃、手術は良い方向で進んでいるので、このまま予定の6~8時間かかることをお伝えし、ご家族は食事休憩を取られるため、1時間ほど退席されましたが、最後まで待っていらっしゃいました。

ご家族のお祈りのかいあって、手術は成功しましたが、その後、長い入院生活が続きました。

季節が変わり、春を迎えた時には、「桜をまさか病院から眺めるとは思っていなかったな...」と患者様がおっしゃったときには、とても重く感じました。あと1年で定年退職の日を迎えるはずだったのに、癌が見つかり、検査を経て、入院、手術、そのまま職場に戻られることはなく、退職されたそうです。あまりにも突然のことだったと。

自宅療養を続けることで3ヶ月後に退院されていきました。

2014年11月19日|

入院が長くなると家族の面会もだんだん減って行く。長患いは家族にとっても辛いですね。

私は、病院の内科病棟で働いています。
毎日多くの患者さんの入退院があり、長期に渡って入院している患者さんも沢山います。
内科病棟には、高齢者の患者さんが多く、半数以上の方が、半年以上の長期入院を強いられている状態です。
高齢者は、ほとんどの方が基礎疾患を持っています。
その為、合併症を併発したり、不安定な体調が続いたりと、なかなか退院するまでには至らないんです。
患者さんの中には、施設に入所している際に体調を崩し、施設では対応出来ない為、病院に入院する事になった方もいて、
施設に戻る事もできず、在宅介護ができる環境でない為に、退院のメドがつかないという方もいます。

多くの患者さんは、急性期の時には、毎日のように家族がお見舞いに訪れています。
しかし、入院している期間が長くなるに従って、お見舞いに来る事がなくなります。
そのような患者さんを見ていると、家族が来てくれなくて可哀想だと思ってしまいますが、家族にしてみれば、皆さん仕事を持っていて、
家庭があるので、そうそう頻繁にお見舞いに来る事もできないのだと思います。
家族が入院すると、その他の家族の負担がかなり大きくなるのは事実です。
お見舞いに行きたい、でも、仕事をしないと入院費を払う事ができない、といった状況の方も沢山いると思います。
入院している期間が長くなればなる程、その負担がどんどん大きくなっていきます。
一概にお見舞いに来ない家族を避難する事はできないと思います。
長期入院というのは、患者さん自身も不安や苦痛が大きくてストレスが溜まりますし、家族にも負担が多いものです。
病院で働いていると、そのような生活背景を見る事にもなるので、疲れてしまう事が多いのが事実です。

2014年10月19日|

プラセンタで抜け毛予防が出来るって本当?その理由を教えて!

加齢と共に気になり始めるのが、抜け毛や薄毛ですよね( ;´Д`)

抜け毛や薄毛は、男性の悩みのイメージがありますが、女性にも気にしている人はいます。

最近は、パーマやカラーリングによって髪や頭皮が痛み、若年層でも薄毛や抜け毛を気にしている女性がいますよね(;´Д`A

美容効果の高いプラセンタには、髪の毛の成長にも良いとされているんです(*^_^*)

プラセンタは男性ホルモンのバランスなどを正常にして、頭皮の毛母細胞の分裂を促します。

そして、皮膚の細胞組織を活性化させることで頭皮の血行が促進され、フケを抑えたり、抜け毛の進行も抑えることができます(^o^)

さらには、フケが止まり、抜け毛の進行が止まり数ヶ月経つと毛が生え始めるようになります。

髪の毛が生え始めるまでは個人差がありますし、ヘアサイクルにあたる6ヶ月は気長に治療が必要ですね(´・Д・)」

髪の毛の成長には、ホルモンとの関係も重要で、過剰に男性ホルモンが分泌されていると、抜け毛や薄毛になり、髪の毛が生えにくくなります。

プラセンタはホルモンの調節作用があります。
この過剰な男性ホルモンを抑制する効果があり、ホルモン分泌を正常に保つことができます。

男性ホルモンのバランスが整うことで抜け毛の進行が遅くなり、抜け毛がなくなっていきます(^o^)

また、プラセンタには血行を促進する作用があります。

この作用で頭皮の血流もよくなり、頭皮の栄養状態も良くなります。

そして、毛母細胞という頭皮にある毛髪をつくる細胞を改善します。

その細胞分裂を促進することで、髪の毛が生えやすい健康的な頭皮状態になっていくんですよ(*^_^*)

病院で育毛のためにプラセンタを処方してもらう場合は、注射か内服になります。


育毛治療は、保険適応外になりますが、頭皮へプラセンタを刷りこみながらマッサージ治療を行ないます。

歳をとっても、若々しいキレイな髪の毛を保つことは、女性としても嬉しいことですよね(*^_^*)

2014年6月10日|

仕事のやり甲斐と家庭のバランスって難しいですよね?検診の仕事にやり甲斐は感じましたか?

検診の仕事は、ママさんナースなど、バリバリ働くのはキツイというナースに働きやすい仕事ですね(^ー゜)

仕事内容といったら、問診を取ったり、血圧測定をしたり、採血をしたり...看護師の資格があれば、誰でもできるような仕事です^_^

看護師派遣は、残業もないし、土日は休みだし、頭を使うこともありません。

だから、病院でバリバリ働いていたナースには、とても物足りない仕事かもしれません(;´Д`A

また、看護師の仕事としてのやりがいを考えると、検診の仕事の中からやりがいは見つけることは、なかなか出来ませんねf^_^;

病院の仕事であれば、ハードで難儀な面も多いですが、患者さんの命を救うということや、患者さんとの信頼関係を築いた関わりの中から、仕事へのやりがいを見出すことができますよね。

しかし、検診の仕事の中には、そういったことがありません。
せいぜい、いかに丁寧にスピーディーに仕事をこなすかということくらいですf^_^;

検診の仕事には、そういった気苦労や体力的な負担が少ない分、家庭を大事にできます。

帰宅時間も早いし、土日は休みだし、正月やお盆、ゴールデンウィークも家族とゆっくり過ごすことができます(^ー゜)

仕事の負担が少なく、やりがいを感じられないと不満に思う反面、家族のために費やす時間は十分に取ることができますよね(*^_^*)

しかし、逆に仕事をバリバリして、とてもやりがいのある仕事だけど、毎日帰りが遅くて、子供と一緒の休みもない...そんな仕事だったらどうでしょうか?

いくら、親子の愛情は時間じゃないといえども、きっと後悔しますよね(u_u)
もっと一緒に過ごす時間を作っていたら良かった、もっと向き合う時間が必要だった。
あの幼い頃の時間はもう二度と戻ってこない...(。-_-。)

仕事のやりがい、家族への愛情...バランスの良い仕事って、なかなか難しいものですねf^_^;

2014年4月 3日|

検診の仕事について教えて!ブランクがあっても大丈夫?

検診の仕事には、検診車に乗って回る仕事や、検診センターでの仕事がありますね。

検診車で回って歩く仕事は、市町村でおこなっている基本検診や、会社で行う事業所検診、学校の生徒を対象に行う学校検診、胃カメラを行う早朝検診、胸部レントゲンだけ行う結核検診などがあります(´・Д・)」

看護師が主に活躍するのは、基本検診、事業所検診、学校検診などですね。

検診で看護師が行う仕事は、血圧測定、問診、採血です^_^

血圧測定は、ほとんど自動血圧計を使います。
事業所検診の一部で水銀計を使っていますが、看護師ならブランクがあっても簡単な仕事ですね(^o^)

問診は、問診票に沿って行います。
問診を取りながら、何か判断するということもなく難しい事ではありません。

また、採血は苦手というナースもいますよねf^_^;
ブランクが長いと、針を刺すことに不安がありますが、事前に採血の練習も出来ます。
注意点などもしっかり研修の際に教えてもらえますから安心ですよ(*^_^*)

どうしても、採血が苦手な人は血圧測定や問診に回してもらうことも可能です。

そういった融通がきく仕事って少ないですよね^_^

検診の仕事では、ブランクの長くなったナースも多く働いています。

だから、気楽に働くことが出来ますよ(*^^*)

また、残業がないし、土日も休みの看護師の仕事って少ないですよね。

だから、子育て中のママさんナースでも働きやすいのがメリットですよね。

検診の仕事は、休みも取りやすいし、プライベートを重視した働き方を多いから、そういった面でも周りの理解がある仕事です(*^_^*)

ブランクがあって病院で働くのが不安、ブランクが長くならないようにしたいけど、常勤で働くのキツイ。そんな人にもオススメの仕事ですよ(*^_^*)

2014年3月19日|

保育園での健康管理の看護師の仕事

保育園の看護師は、0歳児の保育をしながら、全体の園児の健康管理を行っています(^o^)

子供たちの健康管理を行うため、まずは毎日の健康状態の把握ですね。

保育園に来る子供たちは、お母さんがお仕事をしているため、ちょっとくらいの風邪ひきさんなど登園してきますf^_^;

しかし、あまりにも体調が悪い時は、保育園で看病するわけにはいきませんので、お迎えにきてもらい、その間、看護師が看護します。

一番多いのは、やはり発熱です。
熱性痙攣の既往がないかなど、園児の既往歴や持病の把握は必須ですね(´・Д・)」

ですから、朝一の体温測定で異常があるかないか確認することは大切ですね(´・Д・)」

特に、子供は体調を訴えることがうまく出来なかったりしますから、看護師は顔色や表情、遊ぶ様子などから、日頃と違う点がないかよく観察します。

そういった毎日の観察は、とても大切な健康管理になりますよ(^o^)

また、保育園での身長、体重測定も子供たちが健康に発育出来ているか判断する材料になりますね。

明らかに異常があるときは、保護者に伝え、受診してもらうこともありますよ。

また、子供たちが健康に快適にすごせるよう、室内の湿度や温度にも配慮が必要です^_^

特に冬場は気をつけていますね。
室内が乾燥していると風邪を引きやすくなりますし、冬場はインフルエンザ対策のために加湿器をつけ湿度が高くなるようにしています。

そういった温度や湿度をチェックすることも大切です。

また、小さい子供に多い水疱瘡や、おたふくなど流行してきた時は、すぐに保育園頼りを発行し、注意を促します(´・Д・)」

また、インフルエンザや、ノロウイルスなど感染性の病気が発生した時は、蔓延を防ぐため、手洗い、うがいの励行など、保育士や園児に感染対策を促しています(´・Д・)」

働くにお母さんたちが、安心して仕事に行けるよう、保育園の看護師は園児の健康管理が大切になりますね(*^_^*)

2014年3月19日|

夜勤の時って夜食摂らないと体が持ちません・・・でもちょっと太った気もする・・・<`ヘ´>

私の働く病院は、夜勤が2交代で、17時から朝の9時までの16時間です。

16時間って長いなぁって思うけど、意外とあっという間...。

外科病棟は、急性期の患者さんが多いから、急変も多いし、ステルベンも多いから毎晩何か起きてる気がしますよ(−_−;)

それに、オペの日の朝は、やる事が沢山あります。
だから16時間なんてあっという間に過ぎていくんです(´・Д・)」


夜勤をすることに苦はないんですが...とにかくお腹が空くんです!笑

家でも夜更かししてるとお腹が空きませんか?
まぁ、家にいる時はもう寝るだけだし、少し我慢して寝よう!って思うんですがね。

さすがに、空腹で仕事は出来ません( ;´Д`)

夜勤の時は、ひと段落した9時前後に交代で夕ご飯を食べます。

その時点で、太るなぁ...って思いますよね;^_^A

0時前後に交代で仮眠をとりますが、やはり仮眠後も空腹に襲われます。

それと、朝方...。
朝方も何か食べないと申し送りまでお腹が持ちません;^_^A

夜勤の時は、メンバーで必ずデザートや、ミニカップラーメンなど持ち寄ります^_^
ちょっとゆっくりした時間に雑談しながら食べるのですが...(^O^)

気の合うメンバーだと、話も盛り上がり、ついつい食べる手も進みますね;^_^A

そんな感じで、夜勤では結構夜中に食べちゃってるわけです( ̄Д ̄)ノ

私は太りやすい体質なので、一応気を使って、野菜などを中心とした夜食を心がけていますがね。

例えば、温野菜やゆで卵などと春雨スープとか。

それにしたって、一晩中食べていると、やはり太ってきたかなぁって思います;^_^A

夜中に食べるスィーツは格別に美味しいんですよね...(*^^*)
罪悪感を感じながらも、ついつい...ですね;^_^A

2014年3月11日|

治療を拒否したり、自分が希望する治療をしっかりと主治医に伝えられる??誰が主体の医療なのか(?_?)

私は、総合病院の外来で働いていますが、忙しい病院で、毎日かなりの数の患者さんが診察に訪れます。
常に待合室が沢山の患者さんで溢れていて、おそらく待ち時間は2、3時間、時にはそれ以上になる場合もあると思います。
患者さんは皆さん具合が悪い為に、診察に来ているのに、こんなに長時間待たされては、病院に来た事によって、
ますます具合が悪くなってしまうのではないかと、心配になってしまいます。
そして、実際にかかる診察時間は、5分程です。
ほとんどの場合は、薬を処方する事で診察が終わります。

インフォームドコンセントという言葉をご存知でしょうか?
これは、患者さんが、治療や投薬など、正しく詳しい説明を受けて、充分に理解した上で、医療従事者と合意する事です。
しかし、このような診察内容では、インフォームドコンセントになっていません。
医療従事者は、治療内容や副作用、費用やその予後に至るまで、しっかりと説明する事が求められています。
さらに、患者さんについても、自分が納得できるまで説明を求める事ができるのです。

しかし、患者さんが質問すると、機嫌が悪くなるドクターや、質問しても的を得た説明をしてくれないドクター、
患者さんの身になって対応してくれないドクターが多く、患者さんは、結局諦めてしまっているように思います。
これでは、医療従事者が主体で、誰の為の医療なのかがわかりません。
医療というのは、患者さんが主体でなくてはいけないものだと思います。
インフォームドコンセントをしっかり意識して対応できるように、変える必要があります。
それには、自分の希望する治療や状態をしっかりと説明するという、患者さん側の意識も変える必要があるのかもしれません。

2014年3月11日|


サプリメントの選び方 宣伝プログラムGF FromPage-R PR7サイト集 RANKERS 童話集 ハピネスリンク EARTH 相互リンクmaarive